爆弾低気圧の影響で北海道、東北地方は暴風雪で大きな被害を出していますが
関東地方は3月に入ってから暖かい日が続いていて、3月初旬とは思えない陽気です。

3月6日(火)は二十四節気の一つである「啓蟄」です。
「啓蟄」とは春の暖かさを感じて、冬ごもりしていた虫が外に這い出して来る頃のことです。
「啓」には「ひらく、開放する、(夜が)明ける」等の意味があり、「蟄」には
「冬ごもりの為に虫が土の下に隠れる、とじこもる」という意味があるそうです。

この時期は春に近づいていき、日差しも徐々に暖かくなってきます。このまま暖かい日が
続いていくとは思いませんが、春は間違いなく近づいています。
啓蟄カレンダー啓蟄カレンダー (2)