8月12日(土)の日本経済新聞にアメリカ海洋大気局が2016年の世界の気温が
観測史上最も高かったとする報告書を発表した。地球温暖化に歯止めがかからず
1800年代に統計を取り始めて以来の最高を3年連続して更新した。(中略)
地球の海面の水位は1993年に比べ、約8センチメートル上昇し、最も高くなった。
(以下略)との記事がありました。
日本では2014年9月の東日本大震災での原子力発電所(原発)の事故で
稼働している原発が皆無の時期があり、今でもほとんどの原発が停止しているため
火力発電の割合が高くなっています。
火力発電の燃料は天然ガス(LNG)、石炭、石油で、2015年の調査では
LNGー44%で、石炭、石油を合わせた割合は84.6%となっています。これは2009年に
比べて約23%弱増えています。
因みに風力、地熱、太陽光などの再生可能エネルギーは4.7%です。
地球温暖化に歯止めをかけるためにも、二酸化炭素などの発生が少ない再生可能エネルギーの
開発が待たれると同時に、我々一般家庭においても地球温暖化防止の意識を高めて
生活することが大事ではなかろうかと考えました。
地球温暖化記事